「赤」

私の身の回りには赤が多いです。
PCもだしケータイもバッグも赤です。
赤と言っても深みのある赤といいますか、ビビッドな赤ではないです。
そういうのはボルドーとかワインレッドと言われるみたいですね。
情熱の赤でもありますね。
なんだろ、私の中に情熱がみなぎってるのかしら。
なんて心理分析してみたり。

お題を「赤」にしてみたのですが、なんだか難しかったかも?という気がします。
抽象的すぎる気がして。
ま、とにかくやってみます。


「赤」

 海の部屋には、お祭りの日曜大工コーナーでパパと作った本棚が置いてあります。でも、海はほとんど使っていません。教科書もノートも、机にもともと作り付けの本棚の中に納まっているからです。邪魔と言ってしまえば邪魔なものだったのです。だから、部屋の隅の方の目立たないところに置いてあるだけでした。それに、海はお家でおとなしく本を読むより、外で鬼ごっこや縄跳びをしてる方が好きだったのです。
「つかれたー。ママおやつー!」
部屋に入ってくるなり、海はどさっと乱暴にランドセルをおろすと、ママがいるリビングの方に走っていきました。
「おやつの前にやることあるでしょ。手は洗ったの?」
「まだー!」
海は洗面所で急いで手を洗ってくると、今か今かとおやつを待ちかねてキッチンに飛び込んでいきました。
「はいはい、あわてないの。お行儀悪い子にはあげないよ」
「やだ!海お行儀悪くないもん」
海はリビングの椅子に腰かけると、手を膝の上において静かにおやつを待つことにしました。するとママは、おやつではなく赤い本を海に渡しました。
「これなんだかわかる?」
「なに?この本」
「日記帳だよ」
「日記帳?これどうするの?」
「海も書いてみない?ママも書いてるの」
「え!海が書くの?やったー!これ海のなんだ」
海はおやつそっちのけで喜びました。海はいてもたってもいられなくて、日記帳をかかえて自分の部屋に戻っていきました。日記帳を広げた海は、今日友達のなおちゃんと遊んだことを早速書きました。お互いに似顔絵を描きあって笑い転げるほど楽しかったのです。
 日記を書き終えると、海はどこにしまおうかと机のまわりを見回しました。本棚は教科書とノートでいっぱいです。そのときちょうどパパと作った本棚が目にとまりました。そうだ、ここにおいておこう。海は木製の本棚に赤い表紙の日記帳をたてかけました。
[PR]



# by rain-drop_amefuri | 2011-12-22 11:24 | お題

終わりました!

題名のごとく終わりました!卒論が!!
卒論書ききることができないんじゃないかとすごく心配だったのですが、
無事に書き終えて提出にこぎつけました。ほっとひと安心。
終わってみれば6万字を数えました。
こんなに大量の文章を書いたのは生まれて初めてだったので、
書ききった今は自分でもびっくりしています。
自分書けるじゃん!と自分をほめてあげたいです。

さあ、これからは作品を作っていくぞーっ!!
と意気込みつつ、アイデアを探し中。。。
お題も復活しなくちゃ。

卒論を超えるものを書いてみたい。もちろん長さでですが。
構想はあるっちゃあるのですが、形にするのは難しそうな予感。
でもいつか作品に出来るといいな。
[PR]



# by rain-drop_amefuri | 2011-12-21 18:39 | 日記

「鏡」

家に、高校の時に作った木彫りの手鏡があります。
自分が考えた空想上の植物を彫り付けてます。
彫り方も雑だし図柄もへたくそなんですけどね。
でも、手になじみやすくて結構気に入っています。
鏡って不思議ですよね。
自分では見ることができない自分の顔が見れたり、光を反射したり。
今日は鏡をお題にして書いてみたいと思います。


「鏡」

鏡の中に映るのはもうひとりの自分
すました顔してこっちを見ている
私が笑えば鏡の中の私も笑う
私が泣けば鏡の中の私も泣く

だけどあれ?
ちょっと気を抜いたすきに
鏡の中の私が手を振ってる
あわてて私も手を振った
[PR]



# by rain-drop_amefuri | 2011-11-26 22:04 | お題

「お弁当」

大学がまさかの休講でした><
その授業しか取ってなかったので何しに行ったんだかって感じです。
お昼ごはんを食べただけだったといいますか。
お題をお弁当にしたのは、お弁当をわざわざ作って持って行ったから、とかではなく、コンビニ弁当を食べていてなんとなく「お弁当お題にいいかも~」とひらめいただけです。
動機なんてこんなもんです。

ということで、今日のお題は「お弁当」です。


「お弁当」

お弁当の時間はわくわくする。
何が入ってるかな。
大好きなたまご焼きは入ってるかな。
みほはドキドキしながらふたを開けた。
大きなハンバーグが入っていて、その横にちゃんとたまご焼きもある。
やったー!
「いただきます」
お弁当係がそう言って、みほもみんなと一緒に後に続いて言った。
「いただきまーす!」
[PR]



# by rain-drop_amefuri | 2011-11-22 23:50

「音楽会」

今日は私が入っている楽団の演奏会でした。
出演はしませんでしたが、お手伝いに行ってきました。
立て看板や案内板設置などの準備をやったり、ドアマンとしてドアの開け閉めを担当したりと
いろいろ働きました。
見に来てくれた子どもたち参加型のプログラムだったり、アンコールで会場全体で大合唱したりと楽しい演奏会でした。
いまは休団中なのですが、来年はどうしようかな。
復活したいところですが、なにせ技術が追い付かない。
私は出来なさすぎるんです。悲しい。><。

今日のお題は「音楽会」にしてみました。
音楽会ってなかなか使わない言葉ですよね。
お題に選んでおきながら、難しかったかも?と思っております。
ですが、とりあえずやってみましょう!


「音楽会」

「りょうちゃん、起きて起きて!始まるよ!」
ベッドに入って眠りかけていたとき、涼子は突然誰かに起こされました。
「眠いよー……」
涼子はそういって布団を引き寄せました。
するとそのとき、パチパチパチと拍手が聞こえてきたのです。
ぼーっとした頭で、涼子は変な夢だなあと思いました。
「りょうちゃん起きてってば!こっち!窓の方見て!」
「うるさいなあ。もう!」
涼子はガバっとベットから起きると机の横にある窓の方を見ました。
窓からは月の光がさしこんで、うっすらと明るくなっていました。
その月明かりの中で、何かがきらりと光ったと思うと、突然音楽が流れてきたのです。
窓のあたりをよく見ると、出窓になった張り出し部分に、丸いのやら長細いのやらどんぐりが10個くらい並んでいました。その中のひとつがぴょんぴょん飛び跳ねていました。
「りょうちゃん始まるよ!」
どうやら飛び跳ねているどんぐりが涼子に向かって言ったようです。
そのどんぐりが飛び跳ねるのをやめると、10個ほどのどんぐりが、そろって一礼したのです。
「ただ今から、森の音楽会の特別公演を開演いたします。本日の曲目は、あの曲です。おなじみの曲ですよ。もうおわかりでしょう。当団といえば、あの曲なんですから。」
一番手前にあったどんぐりがくるりと後ろを向くと、さっと指揮棒のようなものを掲げました。
指揮者どんぐりが指揮棒を振ると、その後ろに並んだどんぐりは小さなバイオリンやハープをかき鳴らし始めました。
「あ!」
流れてきた曲を聴いて、涼子は思わず声をあげました。
その曲は、この間の学校の音楽会で演奏した「きらきら星」でした。
涼子は木琴を担当し、たくさん練習したのでした。変奏部分は難しかったのですが、本番では練習の甲斐あって成功したのです。涼子はぼんやりとその時のことを思い出していました。
曲が終わり、涼子はパチパチと拍手をしました。
「今日の演奏は気に入っていただけましたかな。秋の夜長、月夜の晩には当団が出張いたしますので、次回をお楽しみに。」
そういってどんぐりたちは一礼すると、窓の隙間から外に飛び出していきました。
「え!待って!」
涼子はベッドから出て窓の方にかけよりました。
出窓の張り出し部分には、やわらかな月の光が差し込んでいるだけです。そして、窓が少しだけ、丁度どんぐりが通り抜けられる分だけ開いていました。
涼子は、夢だったのかなあと思いながら窓を閉めると、再びベッドにもぐりこみました。
[PR]



# by rain-drop_amefuri | 2011-11-20 23:05 | お題
詩と童話と時々日記
by rain-drop_amefuri
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

久しぶりに
at 2013-09-05 22:01
自己紹介♪
at 2012-10-17 23:31
「夜」
at 2012-02-03 21:24
「うた」
at 2012-02-02 22:09
お洋服
at 2012-01-07 16:44

外部リンク

画像一覧